私にとってお金はとても貴重なものなので、よく考えて使う必要がある

※絶対融資を希望の方は、「まずはじめにコチラ」をお読みください!

事実婚で23年です。私45歳夫は75歳で30も年が離れています。夫は今、年金…

事実婚で23年です。私45歳夫は75歳で30も年が離れています。夫は今、年金収入か有りません。現実、私が養ってる感じですが、夫が亡くなったら遺族年金はいただけるのでしょうか?頂くにはどうしたらすんなりと頂けるのでしょうか?事実婚(内縁)の妻でも遺族年金の請求ができることは、法的に認められています。(1)厚生年金保険法(以下「法」という。)58条1項は、『遺族厚生年金は,被保険者又は被保険者であった者(以下「被保険者等」という。)が死亡した場合等に,その者の遺族に支給する。』と定めている。(2)法59条1項は、『遺族厚生年金を受けることができる遺族は、被保険者等の配偶者等であって、被保険者等の死亡の当時、その者によって生計を維持したものとする。』と定め、同条4項は、『同条1項の適用上、被保険者等によって生計を維持していたことの認定に関し必要な事項は,政令で定める。』と定めている。(3)法3条2項は、『厚生年金保険法において、配偶者には、婚姻の届出をしていないが,事実上婚姻関係と同様の事情にある者(以下「事実婚関係にある者」という。)を含むものとする。』と、定めている。つまり、「事実婚関係にある者+生計維持関係にあった者」であれば、入籍していない者でも遺族年金を受給できる配偶者に該当するということです。ただし、このことを正確に表現すると、「内縁の妻は、遺族年金を請求できるが、誰しもが必ずもらえるわけではない」ということになります。内縁関係(事実婚関係)であれば、「遺族年金をもらう権利がある。」と、思っている方もいますが、そうではありません。正しくは、請求できるが、もらえるかどうかは日本年金機構の審査による。では、なにを審査する必要があるのか?それは、・請求者が、内縁関係(事実婚関係)であるといえるか・生計同一関係であるといえるかということについてです。単なる同棲生活にあった方や愛人関係の方は、内縁関係ではありません。いくら自分で内縁関係であったと主張しても、それを立証しない限り、内縁関係と認めてもらえません。主張するだけで遺族年金がもらえたら、実は、全く関係ない人が受給するかもしれないからです。ですから、日本年金機構が請求者が事実婚関係であったか、生計維持関係にあったかを審査する必要があるのです。そのため、あなたは、「事実婚関係にある者+生計維持関係であったこと」を立証する必要があります。それでは、遺族年金をもらうためには、「当事者間に社会通念上、夫婦の共同生活と認められる事実関係を成立させようとする合意があること」また「当事者間に、社会通念上、夫婦の共同生活と認められる事実関係が存在すること」。つまり、戸籍上の婚姻関係ではなかったが、共に婚姻する意志を持って、夫婦としての共同生活を営んでいたという状況である必要があります。その証明として、請求者の主張(申立書)や提出資料、第三者による証明等で立証しなければなりません。

事実婚の法的な立場

日本において事実婚は法律的にはどのような立場になるのでしょうか?法律で「こういうカップルは事実婚である」という規定があるのでしょうか?事実婚とは一般的に呼ばれているだけで、法律的には何も認められていないものなのでしょうか?事実婚で裁判まで行った経験より。&gt

コメントは受け付けていません。